いや、それおかしいし

昨日から開頭手術中の白い馬ですが、

やはり普通ではありません。

多くの内モンゴル式の馬頭琴は、

ペグの取替えが出来るようにするために

小さな木の欠片を取り外せるようになっています。

しかしこの楽器にはそれがありません。

まるで木の彫刻の中にペグの部品を生やしたか、

中で組み立てたかのようです。

井伏鱒二の山椒魚じゃあないんだから(^^;;)、

一体どうやってここに入ったのか謎だらけです。

しかしあてが外れました。

ペグを取り出して接着剤で固定しようと思っていたので・・・(^^;;)。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square