ビリビリ音

内モンゴル(南モンゴル)式の馬頭琴はビリビリ音がすることがあります。チューニングペグの作りが甘いのが原因なのですが、ペグをつかんでいれば止まるので、ペグと馬頭との間に何か挟んで対策します。大体は外弦だけなのですが、たまに内弦も鳴るものがあります。

最近使っている白い馬、外弦も内弦もビリビリなります。お陰でリボンを巻きまくりです(^^;;)。

DSC_0296.JPG

これではあまりにも不便だし、リボンを巻いていてもまだ少し鳴ります。もう少し対策が必要なようです。なのでペグを外そうと思いました。ペグは普通はネジで固定されています。なのでネジを外せば修理も可能なはず。

DSC_0297.JPG

ねじ山壊れてますね(^^;;)。これもモンゴル製品の特徴です。無理矢理作るからこういうことになるんだよなあ。色々試しましたが結局外れず。やっぱりリボン巻きまくりか(^^;;)。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square