個人輸入で馬頭琴を買おう

 

個人輸入で購入する、というのは実に効率的な方法です。送料と税金を除けば現地価格で購入することが出来ます。ただし、大変リスクも高く、責任を全て自分で負う必要があるため、上級者向けの方法です。

内モンゴルの馬頭琴を購入する場合、私が利用しているのはタオバオです。中国の大手のショッピングサイトです。ただし私は中国語が出来ませんし、基本的にタオバオに出品している業者は中国国内しか送ってくれません。このため、中国に事務所を持つ代行業者を利用します。よく利用するのは以下の代行業者タオバオ代行王です。

 

http://www.wjhaynes.com/c_about_tao.html

 

こちらは一万円以下の買い物でしたら千円、それ以上でしたら購入価格の1割を手数料として受け取っています。当然ながらこれに送料がかかり、尚且つ日本の関税がかかります。タオバオのページで検索するとわかるとおり、楽器の価格は日本の半分から1/3程度です。送料と関税、手数料を入れても割安になることが多いです。

ただし楽器が破損した場合、期待したものと違っていた場合、その責任は基本的に本人が追うことになります。